ニュース

カルテ番外編【PT学生さんの体験記】

2021.07.26

KeeogoユーザーさんのトレーニングにPT学生さん3人が見学に来てくれました(#^.^#)
この新型コロナ禍で対面実習も十分できないとのことでした。

ユーザーさんのKeeogoトレーニングを見学して、その後にはKeeogo実装体験もしました。
実はKeeogoには設定を変えることで片麻痺の方の動きを体験することができる特徴があります。
若さ溢れるKeeogo体験の写真と感想を一部ご紹介します。

学生Aさん
先日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
患者さんを評価する際に患者さんの全体像を見て評価をすることが重要だと学ぶことができました。
また、リハビリの内容などを患者さんに正確に分かりやすく伝えるということは患者さんに信頼してもらう上で必要なことだと感じました。
Keeogoを体験して患者さん自身の大変さを感じました。Keeogoで体験したことを忘れずに、患者さんの未来を明るくできるようなセラピストになりたいです。
学生Bさん
keeogoを自分が実際に体験してみて、脳卒中片麻痺の患者さんの歩き方を身をもって知ることができました。
患者さんはこんな歩き方なんだと今までは学校で学んだ頭の中だけでしか分からなかったのですが、体感することができて、よりイメージを膨らますことが出来たし、患者さんの気持ちも知ることができたと思います。
機械の重さは7キロあり、最初はかなり重く患者ましたが、着けて動いてみると、重さを感じないくらいかなり動きやすかったので、keeogoの使い方も幅広く、沢山あるのかなと感じました。
今回の体験を生かし、患者さんに寄り添える理学療法士になれるようこれからの実習なども頑張っていきたいと思います。
学生Cさん
今まで習った知識を実際に現場で見ることで理解が深まると実感しました。患者さんの状態を頭で理解するだけでなく、自分自身も動いてみたり真似したりできるような理学療法士となり、患者さんに寄り添ったアプローチが行えるようこれからも頑張っていきたいです。
Keeogoという最先端の機械を見て実際に体験できたことはとても良い刺激となりました。患者さんと同じ機械を身につけて(片麻痺の設定で動いて)みることで大変さがよくわかりました。
できないことを少しでもできるようにサポートをしてくれる機械の存在は、患者さんの将来を明るくしてくれると思います。
これから医療は更に発展していくので、時代についていけるよう色々なところに目を向けていきたいです。

Keeogoが学生さんの未来を切り開く一助になれました。
技術の進歩は不可能を可能にします!
No Fun , No Gain & Keep On Going
ぜひ、ご体験ください<m(__)m>

Keeogoの紹介はコチラから

体験のご希望・お問合せは公式LINE@keeogoから登録をお願いします。

友だち追加

#Keeogo #キオーゴ #キオゴー #QualityOfLife #脊髄損傷 #リハビリテーション #理学療法士 #障害者スポーツ #脳卒中 #神経難病 #ロボティックリハビリテーション #A.I搭載下肢装着型モビリティ・スーツ #共生社会の具現化 #インクルーシブスポーツ #ノーマライゼーション

Keeogoのご利用について
お気軽にご相談ください。

Keeogo Japan 株式会社